読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ギフトショップ店長のつぶやき

新米ショップ店長が勉強がてら書いていきます

バーボンとウイスキーの違い

こんにちは! 内祝、出産祝いのお返しに……オンラインギフト アルゴーの店長コニシです!

まだ取り扱っていませんが、当店は酒免許も持っていますので、私もお勉強中です。

そんなにお酒を飲むことが無いのですが、
バーボン、ウイスキー、ブランデー等々、ブラウン系の強いお酒の差が全然わかりません!
ですから、ウイスキーとバーボンの違いを調べてみました。

ウイスキー
穀物類を麦芽酵素で発酵させて作られた蒸留酒

バーボンは、
ウイスキーの中でもトウモロコシを一定の割合以上含んでいるもの

要するに、ウイスキーの中で、特定の製法をとったものがバーボンなわけですね。
焼酎の中の、麦焼酎みたいな。
道理でよく差が分からなかった訳です…。
バーボンと並列上に並べられるのが、スコッチのようです。

と、琥珀色のお酒といえばブランデーもありますよね?

ブランデーは、同じ蒸留酒の中でも、穀物ではなく果実から作られもの。
更にブランデーの一種がコニャック…。
と細分化されているようです。

こちらのサイトの図が分かりやすかったです!
http://chigai.soudesune.net/whisky.html


果実から作られる…といえばワインを思い浮かべますけれど、
同じぶどうから作られるブランデーとワインって全然イメージ違いますよね?

ここで関係してくるのが「冒頭に述べた"蒸留酒"というキーワードです。
お酒の作り方は、大別して、
醸造酒」と「蒸留酒」があります。

醸造酒は原材料ごと発酵させたまま飲むんですが、
蒸留酒というのは、醸造した物からよりアルコール成分を抽出したものになります。
(熱を加えて気化させて抽出するので、水分などもまじってきますが
 アルコールの方が気化の温度が低いのでアルコール度数がより高くなります)

身近な例で言うと、
泡盛と日本酒は原材料は米ですが、
泡盛蒸留酒、日本酒は醸造酒となります。

当然アルコール分を抽出した蒸留酒の方がアルコール度数が高くなりますので、
醸造酒」と「蒸留酒」の見分け方としてはアルコール度数の高さが大きな目安となりそうですね。


…と、調べれば調べるほど次から次へと疑問がわき出てきますね><;
やっぱり奥が深いです!